2010年04月20日

Fire day!?

  毎朝5時45分に一応目覚ましが鳴ります。今朝は真面目にその時間に起きて支度。朝食を作りながら「バロックの森」を流し聴き。今日はI教授ではないな、「147」だ…などと思いながら。解説などは いつもバタバタしていて 聞いている余裕などはありません。しかし、今朝はしっかり最後に「解説は大塚Nです。」と!! え〜!O先生が解説なんて初めて聞いた!いつからだったのだろう?知らんかったぞ〜(汗)と、びっくり!
 8時過ぎに家を出て3・4限目チェンバロ(90分私だけ)、お昼休みムジカの合わせ(例によって合間に玄米おにぎりをパクつく・学食で食べる暇は皆無)5・6ソルフェージュ、7・8古楽アンサンブル(モンテヴェルディ・オルフェオの中のムジカ・つまりテオルボ。来週までの宿題はカステッロのソナタ。)、9・10西洋古楽(カッチーニ・アマリリ・これはリュート)。
 O先生には2〜3クラス(プロジェクトもいれると3)お世話になっています。今朝のラジオの件、先生によると、昨日から解説が流れているとのこと。つまり、今週はずっとというわけです。来月も1週間担当だそう。明日からはボリュームを高くして聴くことに。
さて、18時。今日中に先生に返す楽譜をあわててコピーをしてから(6月の公開レッスンの伴奏の新楽譜2曲)、プロジェクトのI教授の講演を聞く。
 でも 幸いなことに いつもよりは若干早めに終わり、21時40分帰宅。20分ほどピアノが弾けました。といってもカステッロの選曲で終わる…。
  その後は遊び系の用事でセシリアのメ―リス設定。今夜は遅いので明日の朝一便を流そうっと。火曜日はまさに火の如くの一日。気がつくと すぐ次の日になっています。。
posted by sa-na at 23:55| 東京 ☔| Comment(0) | campus | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月19日

月曜日課

  午前中は仕事。先輩お豆腐やさんから おいしい「ゆば」その他をあわただしく購入後、昼食を食べる暇もなくcampusへ。12時45分にぶじチェンバロ室を予約。玄米おにぎりをパクつく。13時からチェンバロの先輩たちとカンタータ198の数字合わせ。楽譜にはほとんど数字がふられていないためです。しかし、全部終わらず次回に繰り越し。
  7・8限目は「総合ゼミ」と呼ばれる音楽学専門のクラスで、出席者は音楽学コースの学部3・4年、院生、博士課程以上の方々、そして音楽学専任の先生方など。30名強をまとめる司会役は礒山教授で 今日の特別ゲストがチェンバリストの渡邉ジュンナマ先生。ディスカッション形式なのですが、う〜!緊張する〜!帰宅後仕事(塾)。終了後、22時までピアノの音だし0kなので(近所の手前自分で勝手に決めている)さらおうとしましたが、家族その他のやりとりをしているうちに時間が過ぎてしまう…。
 台所も片付けたし、さて明日の準備〜
posted by sa-na at 23:31| 東京 ☀| Comment(0) | campus | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月18日

4月22日のcafe「ano」

  表参道のチェコ料理店 新cafe「ano」は いくつかのブースに分かれていて、22日(木)は チェコからのミュージシャンが道路側のスペースで演奏しています。リュート&チェロ・スペースは1Fの奥で、昔の「ano」のレトロな趣を携えたところになります。
予約はこちらから→http://www.checkczech.jp/cafeano または、右記載のメルアドへどうぞ。
 「ano」さんからは 毎月というご要望をいただいて とても嬉しいのですが、多忙ゆえにどこまで対応できるか・・できるだけ頑張ります!!

 月日は あっという間に過ぎていってしまうようで、 ブログ更新も ままなりませんが、忘備録代わりに なるべく書いていきたいと思います。

  先週は 例によって同窓会! いつものセシリア・メンバーに加えて、オラトリオの仲間やバス停で一緒になった都唱の方が加わってワイワイと。

                            ♪

  永い時など 一気に吹っ飛んで、つい昨日のように思い出されることも多々。結局ちっとも変わっていない。特に目の輝きが昔のまま。振り返ると、精神的にも随分と啓蒙されました。昔の仲間たちの笑顔を見たら 自分は劣化などしてられない、と 力が湧いてきました(^o^)

                        10-04-18-19.JPG

 campusの方は4月1日から。今年度から通学ルートを変えたので、定期代が安くなったのですが、逆に 片道1時間40分と通学時間が延びることに。とにかく持ち物はできるだけ軽く!ということでポットならぬペットボトル(生姜紅茶入り)が必帯品。


  授業は先週から始動し、明日で新しいクラスが一巡。 必修科目は2年までに終了したので、今年度は専門コースの必修が多くを占めることになります。
posted by sa-na at 23:44| 東京 ☀| Comment(0) | 2010年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月05日

2010.04.04 Kambists' Concert

Marin Marais  ヴィオル曲集より

  今回は 通低のお手伝いで参加させていただきました。いろいろなガンバのレパートリーを聴くことができて とても楽しかったです。どうもありがとうございました。また微力ながら 何かできれば嬉しいと思っております。


                      10-04-04.JPG

  友人のお力で 巡り合えた曲集が とてもいい曲!! すっかり虜になっておりまするんるん
posted by sa-na at 23:46| 東京 🌁| Comment(0) | 2010年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月03日

マラン・マレー Marin Marais

(1656 パリ〜1728パリ)作曲家。バス・ヴィオル奏者。フランス・ヴィオル楽派。
1676年 王室楽団に入団
1679年 国王シャンブル付き楽団常任ヴィオル奏者に就任
1725年まで宮廷に仕える

1686−1725年 5巻のヴィオル曲集
    書法には「旋律様式」(主にサラバンド、メヌエット、ガヴォット)と「和声様式」(前奏曲、アルマンド、クラント、トンボー、ロンドー、シャコンヌなど)が見られる。

                      10-04-03.JPG

  今日はあれよあれよという間に携帯メールが30通ほど。学部仲間のメーリスであります。しばし見入って微笑んでおりました(^o^)メールはホント便利。みんなに大阪弁流行らせたのは誰や〜?

 相変わらず 自由時間がなく、必要最低限の外出のみに徹していますが、おかげさまで家の中の整理が進むこと進むことわーい(嬉しい顔)
 
posted by sa-na at 23:57| 東京 ☀| Comment(0) | 作曲家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。